インプラント治療を始める前にあごの骨の状態を確認

重要な確認事項として、インプラント治療を始める前にあごの骨の状態を確認し、治療ができるかどうか知ることが大事です。
とりわけ、歯周病や顎関節症がある場合、治療を始める前に既往症を完全に治しておく問題が生じます。
美容整形で、骨を削ってあごのラインを変えた方にもインプラント治療のリスクが増大します。
こうした病歴があっても、直ちに治療の可能性はゼロにはならないので歯科医とよく話し合うことを心がけましょう。
一般的なインプラント治療は、3つのハードルを越えなければなりません。
まず、人工歯根をあごの骨に埋入します。
あごの骨、及び周辺組織と人工歯根がなじみ、定着するのを待ちます。
それからアタッチメントという連結部分をはめ込み、義歯をつける、というプロセスをたどります。
どこに時間がかかるかというと、インプラントの埋入後、周りの組織となじんで骨に結びつくまででもちろん、いろいろなケースがありますが、2ヶ月くらいは最低でもかかり、長い場合は6ヶ月ほどかかるのが普通です。
このため、インプラント治療を始めてから義歯を使えるようになるまで、要する期間は短くて3ヶ月、長くても10ヶ月くらいだと考えて良いでしょう。
最近はインプラントを利用される方も多くなってきましたが、治療後に前はしなかった口臭がするようになったということも歯科医院ではよくきかれます。
義歯なのに本物の歯より臭うの?とお思いの方もいるでしょう。
これには、歯茎に埋め込んだ土台と義歯の間などに、食べかすが残って臭いを放ってしまう場合や、天然の歯における歯周病と同様、インプラント周囲炎という炎症になっている場合もあり、単なる口臭と侮れません。
ひょっとして、と思ったら、担当歯科にかかり、早期解決を図ることです。
これからインプラント治療を始めようと決めても、治療費が気になるのは当然です。
この治療の費用は歯科医院ごとにずいぶん違っています。
この治療はほとんど保険が適用されず、自由診療のため金額は歯科医院次第です。
大まかな相場はありますので、心配しないでください。
インプラントが欠損歯一本分とすれば、30万円ないしは50万円くらいというのが一般的です。
インプラント埋入手術とは、人工歯根を骨の中に埋め込むことなので手術が無事終わっても、患者さんのほとんどは違和感を生じるのが当たり前の反応です。
腫れがおさまると違和感は薄れるため腫れているところや縫ったところを舌などで刺激しないようじっと耐えてください。
もしも、十日以上経っても浮いた感じが治まらない場合や、痛みや腫れなどが続く、もしくはひどくなる場合は、原因がどこにあるのか探り、適切な対応をすることが必要です。
大至急歯科医にかかってください。
ごく普通の歯科医院で、外来診療を受けての特殊な施術を伴わないインプラント治療であったとしても院内感染が起きないと言えません。
ですから、歯科医院を決めるときに感染症対策についても調べ、納得した上で決めることが、命に関わる大事な問題です。
院内感染防止は歯科医院でも重要な問題と認識されているため、方策についてホームページ上で公開している歯科医院もどんどん増えているので、まずはそこを見てください。
インプラント治療は多くのケースでとても有効ですが、それと裏腹のデメリットもあります。
全ての患者に関わるのは、高額な費用です。
高額のケースでは、数十万円必要になることも珍しくありません。
そして、治療にミスや失敗があると起こった問題は、相当深刻化する可能性があるリスクも背負っています。
ごくまれなことですが、手術後の死亡例もあります。
チタンでできた人工歯根をあごに埋め込むのがインプラント治療ですが、チタンは特長として、骨に埋め込んだとき調和性が高く、アレルギーの発症例も少なくなっています。
インプラント治療の適用には、頭部のCT検査をはじめ、様々な角度からのレントゲン、口腔内検査等、十分な検査を行い、結果を検討した上で本格的な治療がスタートするので安心して治療を受けることができます。
また、治療そのものと同じくらい大事なメンテナンスを欠かさず継続することで安全性が高まり、長く快適に使えるようになります。
虫歯がかなり悪化して、結局、歯を抜くことになってしまいました。
隣の歯の状態から見れば、ブリッジも可能でしたが他の選択肢としてインプラントをすすめられて、インプラント治療に決めました。
保険がきかないため、高額になりますが安定して噛むためにはインプラントの方が良いといわれました。
手術して、だんだん噛めるようになり、間もなく虫歯だったもとの歯よりも、ずっと良好な使用感になってきたのでインプラントにして良かったと思いました。
一般的にはインプラント埋入手術を日帰りで行います。
使われるのは部分麻酔で、麻酔のために入院することはまずありません。
血液や循環器系に、障害や持病を抱えている場合は入院して手術しなければならないケースもあります。
また、インプラントを埋入するあごの骨の厚みがない場合、埋入手術以前に、骨の厚みを増す手術をしなければなりません。
腸骨など自分の骨を削り出し、移植する場合、入院して手術するケースも実際にあります。
もし、自分が該当すると思われるなら治療が他よりも長い期間にわたることを知っておくべきです。
もっと詳しく調べたい方はこちら⇒歯磨きで歯の茶渋を落とす事が出来ます