インプラントのデメリット

インプラント治療は多くのケースでとても有効ですが、それと裏腹のデメリットもあります。
全ての患者に関わるのは、高額な費用です。
治療の内容や、インプラントの材質によっては数十万円かかるケースもまれではありません。
また、治療の失敗内容によっては取り返しがつかない健康被害が起きるデメリットも忘れないでください。
本当に深刻な例では、治療によって死亡したケースもありました。
差し歯とインプラントはどう違うのでしょうか。
差し歯は文字通り、歯に差し込むものです。
つまり、自前の歯根に土台を埋め込み、歯冠部を被せるものです。
当然、歯が全く残っていない状態では、原理的に差し歯の施術は不可能なのです。
さて、そこでインプラントですが、これは歯の土台となるあごの骨の中に、フィクスチャーなどと呼ばれる人工の歯根を埋め込み、そこに義歯を被せるという手順で施術が行われます。
歯を丸ごと抜いてしまった場合でも、施術が可能なのがインプラントの特長ということになります。
インプラントは決して虫歯になりませんが、メンテナンスをしなくて良いとは誰も言っていません。
義歯やアタッチメントの損傷は寿命を縮めますし、食べかすが歯垢となり、炎症を起こすと当然、歯肉炎や歯周病は起こり得ます。
自分の歯のお手入れと同じように歯科医、衛生士に言われたことをしっかり守って完璧なセルフケアを目指してください。
そして、歯科医に指示された間隔で専門的なメンテナンスを受けてください。
どんなインプラントも永久に虫歯から免れますが、歯茎やあごの骨が炎症を起こす可能性はあります。
インプラントを維持するポイントは日頃のケアにあり、歯周病を防ぐために、正しい毎日のケアと歯科医によるメンテナンスはどこまでも続きます。
ケアが完璧であっても、歯茎の腫れや出血、口臭などの症状があればインプラント周囲炎の症状かもしれません。
自然に治ることはありませんので、早急に診察してもらわなければなりません。
インプラント治療はかなりの技術を要するので、失敗のリスクをゼロにすることはできません。
インプラント治療から起こりうる問題として、人工歯根、もしくは、上部体(義歯)が脱け落ちる、壊れてしまうといったインプラント本体の損傷、細菌感染やアレルギー等によってあごの骨が腫れる、痛むといった身体的問題、手術によって、あるいは術後の炎症によってあごのラインが変わってしまうといった見た目を損なってしまう問題もあります。
問題が起こるリスクを軽減するためにも、くれぐれも実績のある歯科医を選ぶようにしましょう。
一本のインプラントを入れるのに、どのくらいかかるのかと言われると、標準的な治療で、インプラントを一本入れるのに30万円から40万円かかります。
相場は地域によって異なります。
歯科医院の規模や、歯科医の評判も費用の差になってきますので、事前に見積もりを出してもらうことが必要で、複数のデータが得られればそれを比べ、最終的に治療を受ける歯科医院を決めることが肝心です。
ここで重視すべきなのはインプラント治療経験者の口コミです。
近頃は、一括払いだけという歯科医院は少なく、分割払いや、クレジットカード払いもできるようです。
長い期間と費用をかけたインプラント治療は、治療が終わるとその状態を保たなければならず、セルフケアを怠ってはなりません。
日頃から丁寧に歯みがきを行い、プラークコントロールに注意を払い、さらに歯科医の検診を定期的に受け、歯科医や衛生士に指導してもらうことを続けなければなりません。
どんな堅牢なインプラントでも、ひとたびケアの手を抜けば歯周炎などの可能性があります。
現在、インプラントの人工歯根はチタンが多くなっています。
骨になじんで比較的安定しやすいため、身近に使われることが多く、アレルギーも起こりにくいのです。
インプラント治療開始前にはCTや、レントゲン、口腔内検査といった頭部全体の検査を綿密に行い、その上で治療方針を決めて本格的に治療をすすめていくので患者の意見や疑問も十分聞き入れて治療を行えます。
そして、治療終了後のメンテナンスを患者と歯科医が連携して進めていくことで、安全で、快適な使用が続くことを期待できます。
手術によってインプラントを埋め込んだ後はしばらくの間、極力安静に過ごすのが無難です。
日常生活には極端な制限はありませんが、普通の生活を上回る強度の運動は控えることが望ましいです。
血行が促進され、出血が続く恐れもあるためです。
日頃から運動をしている方は、いつから再開して良いか、歯科医と共通理解しておくと良いでしょう。
インプラント治療の成否を決めると言っても言い過ぎではないのが、どこの歯科医院、どんな歯科医に治療してもらうかです。
この治療には、専門的な判断と技術を要することがあるため成功例ができるだけ多い、豊富な経験のある歯科医を選ぶようにしましょう。
それはもちろんのこと、治療と費用の関係をクリアにしてくれる、スタッフ全員で感染症予防に取り組んでいる、どんなささいな疑問も解決に努め、口腔内の状態を説明してくれるなどのことも歯科医を決めるためには重要なことです。
続きはこちら>>>>>ホワイトニング用歯磨き粉で歯をケア